CSR情報CSR

廃棄される食品を必要なところへ
フードバンク活動を支援

「フードバンクちば」が行っているフードバンク活動は、企業などから余った食品を回収し、食品の確保が困難な方々へ届ける、新しい食のリサイクルの形です。㈱大将軍では、社会の食品ロスを減らし、誰もが安心して食を楽しめる世の中をつくっていきたいという思いから、「フードバンクちば」への活動資金を寄付しています。

フードバンクちば
まだ賞味期限が残っているにもかかわらず、包装の破損や印字ミス、流通の都合等で大量の食品が廃棄されています。このような食品を企業や個人から無償で引き取り、必要としている福祉施設・団体等や生活困窮者に無償で提供するフードバンク活動を千葉県内で行っている団体です。また、失業者・不安定就労者・生活保護受給者などのひとつの支援手段として「フードバンク」を位置づけ、失業者等が自ら活動に参加することで生活を安定させ、就労に結びつけてゆく活動も行っています。

〈活動内容〉
■企業や個人から余剰食品を回収する活動
■福祉施設や支援団体への炊き出し活動や、支援団体を通じて生活困窮者に食品を提供
■就職困難者の働く場づくりを推進

https://foodbank-chiba.com

一覧に戻る